急な転勤が決まりせっかく手に入れたマイホームを売却することに

転勤を機に、4年前に新築で購入した1LDKのマンションを売却しました。賃貸にして不動産収入を得ることも考えましたが、テナントが入らなかったら?手続きが?などと色々不安があり、思い切って売却する決意をしました。

喫煙もせずペットも飼っていませんでした。築浅ですし、大きな傷や汚れは見当たらないので購入額(3,780万円)と同額で売却できれば満足でしたが、5件の不動産会社に売却査定をした結果3,980~4,180万円の査定結果をいただきました。

4,000万円台は強気な気もしましたが、不動産会社の担当者と相談した結果、とりあえず4,180万円で売り出しをしてみて様子を見ることにしました。1ヶ月様子を見ましたが、内覧等の問い合わせがあまり多くなかったので、売却額を3,980万円に下げたところ即日で売却が決まりました。200万円の値下げは勇気のいるものでしたが、担当者に説明を受け納得できたので値下げを承諾しました。お客様がネット検索で希望購入金額を3,000万円台と設定した場合には、4,180万円の売却額では当然閲覧されることもありません。また、仮に100万円値下げをし売却額を4,080万円にした場合でも状態は変わらないので閲覧されることはありません。物件を閲覧してもらえなければ興味も持ってもらえないので、3,000万円台に値下げをして閲覧数を増やす重要性を教えていただきました。できる限り高値で売却することは望みましたが、いつまでも売却できずにいるのは精神的に不安が募りますので思い切った決断が必要だと思いました。ちなみに、購入予算が3,000万円台のお客様が一番多いらしいです。購入予算が4,000万円台となると、3,000万円台を希望しているお客様の半分以下の人数になるそうです。
空き家 費用が知りたいならコチラがオススメ
査定依頼を昨年4月初旬に行い、引っ越しの都合により6月末までに売却手続きを完了させたい旨を不動産会社の方に伝えました。結果としては、6月末日までに引っ越し、引き渡しも完了しましたので大満足ですが、売却が決まるまでは週末はできるかぎり部屋の内覧対応をし、毎日のように不動産会社の方と内覧希望時間の調整や、売却に必要な書類等の連絡をする必要がありました。自分で何か行動しているわけではありませんが、想像以上に気を使い疲れる作業で、とにかく早く売却が決まればいいなと願っていました。

信頼のできる不動産会社の方に担当していただけたのでスムーズに売却まで至りましたが、大きなお金が動くことなので精神的に緊張する日が多いと感じました。できるだけいい条件で売却をしたいのであれば、不動産会社の方としっかり連絡を取り、内覧時間なども柔軟に対応することが一番だと思いました。